キャッシングの情報これ気になる!

月々の返済額っていくらから?約定返済額について

キャッシングで融資を受ける場合に、いくらから借りられるのかについては触れました。
これは小額借りたいという時に気になるところですが、毎月返済できる金額というのは、それぞれの経済状況によってさまざまです。ごく小額の返済を長期間行って返済できればいいな等と考える場合もあるでしょう。

ショッピングローンなどでは、利用時に何回払いでという風に最初に回数を決めることができます。これはローンで借り入れる金額が決まっているからで、
この回数によって月々の返済額が、もしくは月々の返済額によって返済回数を決めることができるわけです。

リボルビング払いの約定返済額

しかしキャッシングの場合は、限度額内であれば何度でも借り入れが可能ですし、
その都度借入残高が変動し、利息の計算についても随時計算することになります。
この方法が、ほとんどのキャッシングサービスにおいて採用されているリボルビング払いという返済方法であり、借入残高や返済期間が変動する代わりに、月々の最低限返済しなければならない返済額が決めれられています。
これを約定返済額といって、たとえば約定返済額が1万円であれば、
月々最低1万円は返済をしなければならないわけです。

この約定返済額は、ほとんどの場合借入残高によって業者ごとに決められていて、
少なければ少ないほど月々の返済負担は小さくなりますが、
その分、返済期間が長くなるのと同時に、利息の負担分も大きくなります。

仮に約定返済額を少なくしすぎると、月々の返済額で利息分を返済するだけになってしまって、永遠に完済できないことになってしまいます。
これは各業者の設定する利息(実質年率)によっても変ってきます。
このことから金額によって各業者で約定返済額が設定されているというわけです。

小口の融資なら月々数千円からの返済も可能

例として、レイクの場合なら、
10万円までの借入れなら3000円の約定返済額
10万円以上20万円までの借入れなら5000円の約定返済額
といった具合に、あらかじめ設定されています。

全般に20万円程度の比較的小口の融資であれば、
月々数千円の約定返済額となっているケースがほとんどです。
この金額以上を返済できるのであれば、月々いくら返済してもかまわないわけです。
キャッシング利用時にこういったことも踏まえて、ご自身が月々どの程度の金額までなら 無理なく返済が可能なのかを検討し、計画的に利用するのがベストです。